店舗経営の第一歩!posシステムのタイプはスタイルで決めよう

ほとんどのお店がposを導入している

現在、飲食店や小売店に限らず、様々な店舗がposシステムを導入しています。posシステムの導入には売上管理の効率化だけでなく、高度な売上分析を可能にしたり、レジ業務を簡単にしたりするなどの様々なメリットがあるのです。そんなposシステムですが、従来のレジ型に加え、最近ではタブレット型も登場しています。

従来型posとタブレットposの違い

従来型posのメリット

従来型posのメリットは、広く普及している事にあります。飲食店や小売店で働いた経験のある方は使い方を知っていることが多いので、レジ操作を覚える手間が省ける点はメリットと言えるでしょう。また、中古のposも多く出回っており、安く導入できる点もメリットとなっています。

タブレットposのメリット

タブレットposの利点は、操作性がスマホと同じなため、直感的で使いやすい点が挙げられます。今まで働いたことのない若い従業員でも、すぐに操作が可能な点は大きなメリットと言えます。また既存のタブレットにアプリを入れるだけで運用可能なため、多くの台数を導入してもそれほど大きな費用はかかりません。

店舗経営の第一歩!posシステムのタイプはスタイルで決めよう

レジスター

商品ごとの売上管理を

posシステムの導入によって、商品ごとの売上を数値化し、売れ筋商品や売れ残りの品物がより具体的にわかりやすくなります。また、時間帯ごとの売上集計や不正、ミスの発生防止など様々な役割を担ってくれるのです。

レジスター

飲食店なら注文も簡単に

居酒屋などの飲食店で、ここ5年ほどの間に普及したのがタブレット注文システムです。こちらはテーブルごとに注文用のタブレット端末を設置し、それをposシステムと連動させることで、オーダー管理をシステム上で完結させるというものです。システムの導入によって従業員が顧客からの注文を聞き取りに行く手間が省けるため、業務の効率化に繋がるのです。

レジボタン

外出先で売上の確認も

posシステムとスマホ用のアプリを連携させることにより、外出先や自宅でも売上の確認や店舗の状況管理が可能となります。場所を問わずに店舗分析をすることが可能なため、より効率的な経営を行うことが可能でしょう。

経営スタイルで選ぼう

従来型のposもタブレットposもメリットが全然違うため、店舗の費用や経営方針によってどのposを導入するか検討すると良いでしょう。

広告募集中